返済シュミレーションで計画的に

返済シュミレーションで計画的に

プロミスの借り入れに限ったことではありませんが、借り入れには返済シュミレーションなどを利用する方が計画的に利用することができます。
消費者金融も銀行も、貸し付けをした人にはしっかり返済して欲しいと当然思っています。しっかりと返済するのに必要なのは、計画的な返済です。
プロミスの返済シュミレーションは、借入希望額と返済期間と借入金利(年利)の3つの項目を入力するだけで、毎月の返済額を算出してくれます。
ただし、フリーキャッシングの年利は17.8%と設定されています。
では、例を挙げてみましょう。
▲借入希望額〜30万円
▲返済期間〜36か月
▲借入金利〜(17.8%)
の場合は、どうなるのでしょうか。毎月の返済額は10,815円となり、詳細ではもっと細かく見ることができます。
返済額、元金、利息、残高のこの4つです。最終的には、総支払額389,345円となり、利息は89,345円となります。
一般的に利息は返済し始めてからが高く、1回目の返済では4,450円も掛かるのに対して、36回目では158円となります。
これを使うことによって、返済計画が立てやすくなりますし、早めの返済で総支払額はかなり減るということが分かります。